D-303 伊藤博文
Itou Hirobumi

伊藤博文1
伊藤博文2
伊藤博文3
伊藤博文4伊藤博文5
伊藤博文6伊藤博文7伊藤博文8
作家名
D-303 伊藤博文 いとう ひろぶみ
作品名
詩書(岡山客舎作)
価格
230,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絹本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法44.2×144.2
全体寸法55.7(胴幅)×197㎝
作家略歴

伊藤博文
明治3年(1870)~昭和6年(1931)

伊藤博文の養嗣子。山口県に生まれる。幼名、勇吉。士族井上五郎三郎(井上馨の実兄)の4男。宮内省式部次長、主馬頭、式部長官を歴任。貴族院議員。公爵。伊藤博文の伝記『春畝遺稿』を編纂。

コンディション他

岡山客舎作 明治34年7月15日 春畝遺稿所載

新知舊識送迎頻 新知舊(きゅう)識送迎すること頻(しき)なり
到處風光與我親 到處(いたるところ)の風光我に与え親しむ
聖澤及民霖雨後 聖澤(せいたく)民に及ぶ霖雨のあと
剰將山翠付閑人 山の翠なほもって閑人にふす

新知舊識…新しい知り合い、旧知の知り合い
風光…美しい自然の景色
聖澤…天子の恵み
霖雨…何日も降りつづく雨
閑人…ひまな人

本紙全体に、小シミあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み