伊藤博文 Ito Hirofumi

天保12(1841)〜 明治42年(1909)

周防国熊毛郡束荷村字野尻(山口県光市束荷字野尻)の農家に生まれる。幼名、利助、のち春輔。吉田松陰に師事し、松下村塾に学ぶ。品川御殿山の英国公使館焼き打ちをはじめ、尊攘運動に参加。文久3年(1863)、井上馨らと英国に密航留学する。明治4年(1871)、岩倉遣外使節団に特命副使として参加。帰朝後、参議、工部卿などの要職を経て、明治18年(1885)、初代内閣総理大臣となる。日露戦争後、初代韓国総監となり、明治42年(1909)、枢密院議長として満州訪問の途上、ハルビン駅頭で安重根に狙撃され絶命。

長三洲,伊藤博文 竹と富貴図
竹と富貴図

画像をクリックしてください