ホーム Web書画ミュージアム 歴史人物 伊藤博文伊藤博文 2

伊藤博文
Ito Hirofumi

 伊藤博文 1
 伊藤博文 2
 伊藤博文 3
 伊藤博文 4 伊藤博文 5 伊藤博文 6
作家名
伊藤博文いとう ひろふみ
作品名
詩書
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 須田古龍箱
  本紙寸法33.1×134.6
全体寸法(胴幅)48×112p
註釈

【翻刻文】
富嶽開顔帯紫霞
湘南春色萬人家
鶴車暫駐滄浪閣
古木庭中又着花

【読み下し文】
富嶽顔を開きて紫霞を帯ぶ
湘南の春色 萬人の家
鶴車暫く駐まる滄浪閣
古木庭中 又花を着く

【現代語訳】
紫の霞を帯びた冨士の嶺が姿を現し
ここ湘南の町中に春の色が溢れ返る中
天子の車が滄浪閣に駐まり
庭中の古木も又一斉に花開いたようである

*明治33年、皇太子嘉仁親王が滄浪閣に行啓した際の自詠