D-436 小林一三(逸翁)
Kobayashi Ichizou (Itsuou)

 小林一三(逸翁) 1
 小林一三(逸翁) 2
 小林一三(逸翁) 3 小林一三(逸翁) 4
 小林一三(逸翁) 5 小林一三(逸翁) 6 小林一三(逸翁) 7
作家名
D-436 小林一三(逸翁) こばやし いちぞう(いつおう)
作品名
和光
価格
250,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 松永安左エ門(耳庵)箱
本紙寸法32.9 ×20.4
全体寸法35.1(胴幅)×155.3㎝
作家略歴

小林一三(逸翁)
明治6年(1873)~昭和32年(1957)

山梨県巨摩郡河原部村(現在の韮崎市)の商家に生まれる。号、逸翁。 明治25年(1892)、慶應義塾大学卒業。在学中、山梨日日新聞に小説『練絲痕』を連載。明治26年(1893)、上毛新聞に小説『お花団子』を連載。同年、三井銀行(三井住友銀行の前身)に入行。明治40年(1907)、三井銀行を退職、箕面有馬電気軌道株式会社創立の追加発起人となる。昭和2年(1927)、阪神急行電鉄社長に就任。沿線の宅地開、,宝塚少女歌劇団の創設、大阪梅田のターミナルデパート開業、東京宝塚劇場や東宝映画を創立など事業を次々に成功させ、私鉄経営の模範となる。昭和15年(1940)、第2次近衛内閣で商工大臣に就任。昭和20年(1945)、幣原内閣の国務大臣兼戦災復興院総裁に就任。戦後は公職追放となるが、解除後、昭和26年(1951)、東宝社長に就任。昭和31年(1956)、池田市名誉市民に推挙される。  数寄者、茶人としても知られ、『新茶道』を著し、一部の特権階級のための茶道ではなく、一般の人々の日常の茶の湯「大乗茶道」を提唱、新しい時代の茶道の在り方を提案した。

 

松永安左エ門(耳庵)
WEB書画ミュージアム 松永安左エ門(耳庵)のページへ

コンディション他

本紙全体に小シミあり。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ