勝海舟
Katsu Kaishu

勝海舟1
勝海舟2
勝海舟3
勝海舟4
作家名
勝海舟かつ かいしゅう
作品名
詩書
作品詳細
掛け軸 絖本水墨 緞子裂 象牙軸 合箱
本紙寸法34.7×134.2cm
全体寸法52.7×195p
註釈

【原文】
膽欲大心欲小
知欲円行欲方

【訓読】
膽(=肝・胆)大ならんとほっせば、心小ならんとす。
知円ならんとほっせば、行方ならんとす。

【訳文】
度胸を大きくもとうと思うのなら、注意は細心にしなければならない。
智慧を広く持ちたいと思うのなら、行いは正しくなければならない。

【典拠】
『旧唐書』方技伝にでる孫子邈(そんしばく)の言葉。孫子邈は唐代の名医。後世に「薬王」「医神」と称される。主著は『千金要方』三十巻。
勝海舟が直接見たのは、朱子学系の著書『近思録』あたりか。
この言葉から、「胆大心小」(大胆で細心の注意をはらう。度胸は大きくもち、注意は細かくすべきこと)という言葉が派生した。また、医者でもある上田秋成の随筆『胆大小心録』の題名もこの言葉による。