D-349 勝海舟
Katsu Kaisyu

勝海舟2
勝海舟1
勝海舟4勝海舟3
作家名
D-349 勝海舟 かつ かいしゅう
作品名
詩書
価格
350,000円(税込)
作品詳細
掛け軸 絖本水墨 緞子裂 象牙軸 合箱
本紙寸法48.1×137.6
全体寸法61.8(胴幅)×209㎝
作家略歴

勝海舟
Web書画ミュージアム 勝海舟のページへ

コンディション他

露国東漸
北溟垂天翼  北溟より 天翼を垂れ
高翔大東洋 大東洋に高翔す
一啄鶏林肉 一たび鶏林の肉を啄(ついば)み
再啄群島梁 再び群島の梁(はし)を啄む
強食弱者肉  弱者の肉は 強食せられ
虎吼恐狐狼  虎は 狐狼を恐れて吼ゆ
何人令鷲鶻  何人か、鷲鶻(しゅうこつ)をして
高翔水雲郷  水雲郷に 高く翔(か)けしめん

東漸…勢力が東の方へ次第に伝わり広まること。
北溟…北方の大海。
鶏林…新羅の脱解王が、城の西方の始林に白鶏の鳴くのを聞き、始林を鶏林と改めたとい   う「三国史記」の故事から、新羅の異称。転じて、朝鮮の異称。
鷲鶻…鶻はハヤブサのこと。

美品、優品です。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中