田上菊舎、亀井南冥
Tagami Kikusya / Kamei Nanmei

 田上菊舎、亀井南冥 1
 田上菊舎、亀井南冥 2
 田上菊舎、亀井南冥 3
 田上菊舎、亀井南冥 4
 田上菊舎、亀井南冥 5 田上菊舎、亀井南冥 6
 田上菊舎、亀井南冥 7 田上菊舎、亀井南冥 8 田上菊舎、亀井南冥 9
作家名
田上菊舎、亀井南冥 たがみ きくしゃ、かめい なんめい
作品名
墨梅図
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 平安東海逸人箱
本紙寸法27×179
全体寸法42.1(胴幅)×198㎝
註釈

亀井南冥題詩
江家女史気縦横 画出梅花帯雪法 更識蛾眉無地著 長門故署謹宮名

癸亥臘南冥陳人題

蛾眉…眉が細く美しい。転じて美人
地著…土著。土着。その地に住み着いていること

【解説】
亀井南冥の題詩には、享和3年(1803)の年記がある。菊舎顕彰会、菊舎略年譜には、〈享和3年10月、別府を訪い、口切り茶会。12月、福岡の亀井南冥や、その弟崇福寺曇栄(幻庵)らと漢詩などを応酬して遊ぶ。〉とあり、作品はその時の出会いによって制作されたものと思われる。