古田織部
Furuta Oribe

 古田織部 1
 古田織部 2
作家名
古田織部 ふるた おりべ
作品名
書状
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法47.1×14.9
全体寸法50.5(胴幅)×110p
註釈

【原文】
明後日朝
御門跡様へ参上
仕候。付而御私宅ニ而
物を着かへ不申
旨、三主同道ニて
可被参候。御感預示
忝存候。委曲期
貴面節候。恐惶。
    古織部
十二月十九日 重然(花押)
下少法眼老
    貴報

【訓読】
明後日朝、御門跡様へ参上仕り候ふ。
付ては御私宅にて物を着がえ申さざる旨、
三主同道ニて参らるべく候ふ。御感預り示し忝く存じ候ふ。
委曲は貴面の節を期し候ふ。恐惶。
           古織部
十二月十九日 重然(花押)
下少法眼老
    貴報

【訳文】
明後日の朝に、御門跡様へ参上いたします。
ついては貴宅で着物を着がえることはせず、
三人同道で参上いたします。お心遣いいただき忝なく存じます。
詳細はお目にかかったおりに申します。恐惶。
           古田織部
十二月十九日    重然(花押)
下少法眼老様

※下間法眼は東本願寺の坊官か。