古田織部 Furuta Oribe

天文12年(1544)〜慶長12年(1615)

現在の岐阜県本巣郡本巣町山口で生まれる。通称、左介。信長、秀吉、家康、秀忠に仕えた武将。利休の高弟として利休伝来の「侘び茶」の精神を継承し、将軍秀忠や、小堀遠州はじめ多諸大名に茶の湯を伝授した大茶人。大坂夏の陣後、謀反の疑いを受け死罪となり自刃する。

古田織部 古田織部他 張交 風炉先屏風
書状張交 風炉先屏風

画像をクリックしてください