頼聿庵 
Rai Itsuan

頼聿庵 1
頼聿庵 2
頼聿庵 3
頼聿庵 4
頼聿庵 5
頼聿庵 6頼聿庵 7頼聿庵 8
作家名
 頼聿庵 らい いつあん
作品名
春暁七絶
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 象牙軸 頼潔箱 二重箱入
本紙寸法29.5×130.2cm
全体寸法48.3×204cm
註釈

暁日満簾花影斜  暁は簾に満ち花影斜なり
春眠未醒萬人家  春眠未だ醒めず萬人の家
聲々呼過新泥巷  聲々呼び過ぐ新泥の巷
奈是松苗是蕨芽  奈ぞ是れ松苗是れ蕨芽ならん

    聿庵舊製

暁の日光が簾に満ち、そこに花の影が斜めに写っている。 多くの家ではまだ人が春の眠りから醒めずにいるが、 既に農夫達は声をあげて新田の小路を通り過ぎている。 そこには松の苗や蕨の芽と似た若々しさがある。