E-338 良寛
Ryoukan

 良寛 1
 良寛 2
 良寛 3
作家名
E-338 良寛 りょうかん
作品名
詩書
価格
御買上げ頂きました
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
  本紙寸法25.6×68
全体寸法(胴幅)37×158㎝
作家略歴

良寛
WEB書画ミュージアム 良寛のページへ

コンディション他

心水何澄々 望之不見端 一念纔暼起 万像堆其前
執之似為有 乗之不永還 苦哉狂酔子 竟被繞十纒

心水(しんすい)何ぞ 澄々(ちょうちょう)たる
之を望めども 底を見ず
一念僅かに暼起(べっき)すれば
万像其の前に堆(うずたか)し
之に乗じて永く還らず
苦しい哉(かな)狂酔子
終に十纒(じってん)に繞(まと)はる

【詩意】 心の本体は澄んでいても、どこまでも限界のないものである。
それが欲念と化して僅かでも動くと、あらゆる現象が眼の前にうずたかくつもる。
(その)現実を実有るものだと考え、その上に乗りつつ、遂に永久に本源へ立ち戻る事ができない。苦しいか酔いどれよ、その挙句に多くの十纒(悪業)にまとわりつかれるのである。

美品です。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ