C-214 荻原井泉水
Ogiwara Seisensui

 荻原井泉水 1
 荻原井泉水 2
 荻原井泉水 1
 荻原井泉水 2 荻原井泉水 2
作家名
C-214 荻原井泉水 おぎわら せいせんすい
作品名
蓮華三尊 奥の細道一節
価格
御買上げ頂きました
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 共箱
本紙寸法43.6×33.3
全体寸法47.3(胴幅)×122㎝
作家略歴

荻原井泉水
明治17年(1884)~昭和51年(1976)

本名、荻原藤吉。東京に生まれる。東京大学言語学科を卒業。明治44年(1911)、月間句誌『層雲』を創刊。季題にかかわらない自由律俳句を提唱し俳壇に新風を送った。大正2年(1913)、新傾向俳句運動を提唱した河東碧梧桐と袂を分かち、『句の魂』を追求し、「俳句は印象より出発して象徴に向かう傾きがある。俳句は象徴の詩である」と唱えた。種田山頭火、尾崎放哉の師。

コンディション他

美品です。

ご購入前にこちらをご一読ください。

この作品の購入お申込み

作品紹介

Web
書画ミュージアム

長良川画廊
アーカイブス

過去の掲載作品より随時拡張中

このページのTOPへ