荻原井泉水 Ogiwara Seisensui

明治17年(1884)〜昭和51年(1976)
本名、荻原藤吉。東京に生まれる。東京大学言語学科を卒業。明治44年(1911)、月間句誌『層雲』を創刊。季題にかかわらない自由律俳句を提唱し俳壇に新風を送った。大正2年(1913)、新傾向俳句運動を提唱した河東碧梧桐と袂を分かち、『句の魂』を追求し、「俳句は印象より出発して象徴に向かう傾きがある。俳句は象徴の詩である」と唱えた。種田山頭火、尾崎放哉の師。

荻原井泉水 蓮華三尊 奥の細道一節
蓮華三尊 奥の細道一節

画像をクリックしてください