広瀬淡窓
Hirose Tansou

広瀬淡窓1
広瀬淡窓1
広瀬淡窓1広瀬淡窓1
広瀬淡窓1
作家名
広瀬淡窓 ひろせ たんそう
作品名
詩書
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法44.7×127.2p
全体寸法63.5×193p
註釈

【原文】
朝遊雲水暮蒹葭 島嶼洲汀總我家
但使此心無寵辱 何妨一上大夫車

       詠鶴 苓陽廣瀬建

【訓読】
朝に雲水に遊び、暮に蒹葭。 島嶼・洲汀は総て我が家なり。
ただ、この心をして寵辱無からしめんとす。何ぞ妨たげん、一たび大夫の車に上るを。

                          鶴を詠ず。 苓陽廣瀬建

【訳文】
朝には雲間や水辺を飛び回り、暮にはおぎやあしの茂みに憩う。
小さな島々や中洲は、すべて私の家である。
私はただ、自分の心が名誉や屈辱に左右されたくないのだ。
どうして嫌おうか。仕官して立派な職責につくことを。

                        鶴を詠ず。 苓陽廣瀬建

【注釈】
寵辱―『老子』「寵辱若驚」(世の人は名誉と屈辱に心を動かす)をふまえる。
苓陽―淡窓の号。地名に由来するか。『苓陽詩稿』あり。

【鑑賞】
何物にも束縛されず自由に生きる鶴に、自分の姿を託して詠んでいる。
淡窓は生来の病弱故に、早くに仕官の途を断念し、私塾の経営を志した。
しかし、その胸中にはやはり何か鬱屈としたものがあったのだろうか。