河野鉄兜
kouno tettou

河野鉄兜1
河野鉄兜2
河野鉄兜3
河野鉄兜4
作家名
河野鉄兜こうの てっとう
作品名
芳野三絶(芳野懐古)
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
作品寸法50.5×28.6p
全体寸法63.6×98.5cm
註釈
吉野山の桜と吉野時代(南朝)の往事に思いを馳せて詠った漢詩を「芳野懐古」といい、そのなかでも、梁川星巌、藤井竹外、河野鉄兜の「芳野懐古」を芳野三絶という。

山禽叫断夜寥寥
無限春風恨未鎖
露臥延元陵下月
満身花影夢南朝

山禽叫び、断へて夜は寥寥たり
無限の春風、恨み未だ鎖(き)えず
露臥す延元陵下の月に
満身の花影南朝を夢む

山の鳥の鳴き声も絶えて夜はひっそりとしてもの寂しく、尽きることもなく吹く春風に怨みは今だ消えることがない。月の下で延元陵に伏せ、満身の桜に南朝の夢みる。

延元陵:後醍醐天皇の御陵