犬飼毅(木堂)
Inukai Tsuyoshi(Bokudou)

犬飼毅(木堂) 1
犬飼毅(木堂) 2
犬飼毅(木堂) 3犬飼毅(木堂) 4
作家名
犬飼毅(木堂)いぬかい つよし(ぼくどう)
作品名
詩書
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 緞子裂 合箱
本紙寸法33.2×136p
全体寸法50×202cm
註釈

【原文】
危樓踞峭壁
轟立従水中
風浪鼓巌罅
夜来聴黄鐘
孤客眠未就
長吟対秋宵
済々露光白
月影落船篷
辛亥夏録旧作 木堂毅

【訓読文】 危樓は峭壁に(うずく)まり、
水中より轟立す。
風浪は巌罅を()ち、
夜来、黄鐘を聴く。
孤客、眠り未だ就かず。
長吟して秋宵に対す。
済々たる露の光は白く、
月影、船の(とま)に落つ。
辛亥の夏、旧作を録す。木堂毅。

【訳文】 高楼は壁のようにけわしい崖に建てられ、
轟然と水の中より屹立している。
波浪は岩の罅を打ち、
昨夜から鐘の音のように聞こえてくる。
孤独な旅人は眠りにつくことができず、
声を長く引いて吟詠し、秋の宵を眺めている。
美しい露は白く光り、
月の影が船の苫に落ちる。
明治44年(1911)辛亥の夏に旧作を記した。木堂毅。

※本詩は『木堂先生韵語』に所収される(ただし語句に小異あり)。それによれば「明治十六年秋遊松島宿雨奇晴好閣」と前書きがある。晴好閣とは現在松島の名勝として知られる観瀾亭のことで、「雨奇晴好」の額がかかっている。明治16年(1883)、犬飼29歳の時、東北地方を旅行したか。