短冊の小径

114 志倉西馬

夜は霧の~

夜は霧の~

夜は霧の中になりけり苔清水

志倉西馬しくら さいば

1808(文化5)年-1858(安政5)年

群馬、高崎の人。本姓は富処。名は弘門。字は俊明。別号に樗道、毛軒、惺庵、蕉林子など。逸淵に師事した後、江戸に「惺庵」をひらく。編著に「花の雲」「やどり貝」など。

コンディションなど

紙本

この作品の購入お申込み

ご購入前にこちらをご一読ください。

画像にポインターを置いていただくと拡大いたします。
拡大しない場合は画像付近の、マウスポインターが指印になるところをクリックしてください。

長良川画廊 トップページ 長良川画廊