田中訥言
tanaka totsugen

田中訥言1
田中訥言2
田中訥言3
田中訥言4
田中訥言5
田中訥言6
田中訥言7
作家名
田中訥言
たなか とつげん
作品名
千種有功賛 菊図
作品詳細
掛け軸 紙本水墨 合箱
作品寸法21.5x117p
全体寸法38x182p
註釈
千種有功
寛政9年(1797)〜安政元年(1854)

歌人・公卿。本姓は源、号は千千廼舎(チヂノヤ)。
堂上家に生まれ、正三位左近衛権中将。香川景樹らと交わり、二条派を脱した歌風を詠む。歌集は『千千廼舎集』・『日枝の百枝』・『ふるかがみ』など。

訥言は贋物が多いので、多くはご紹介ができませんが、当作品は私が納得した、訥言の晩年、円熟期の真筆であります。