金子大栄 Kaneko Diei

明治14年(1881)〜昭和51年(1976)

近代を代表する親鸞教学の大家であり、仏教思想家。

浄土真宗の僧。新潟県高田の真宗大谷派最賢寺に生まれる。5歳のとき、高田を訪れた東本願寺法主大谷厳如(光勝)上人のもとで得度。すでに「浄土三部経」をそらんじていた。真宗京都中学(大谷高等学校)から真宗大学(大谷大学)に進学し、初代学長であった清沢満之の薫陶を受ける。大正4年(1915)、暁烏敏、佐々木月樵に代わり清沢満之が創刊した雑誌『精神界』主筆を務める。同年、東洋大学教授。翌大正5年(1916)大谷大学教授。昭和3年(1928)、著書『浄土の観念』が異教であるとされ、大谷大学教授を免職され宗門より追放される。昭和5年(1930)から3年間、広島文理科大学(広島大学)で教鞭を執る。昭和17年(1942)、宗門に復帰し、大谷大学教授に復職。昭和19年(1944)、真宗大谷派最高の学階である講師を授与される。昭和26年(1951)大谷大学名誉教授。昭和38年(1963)真宗大谷派宗務顧問。

金子大栄 清
金子大栄 耳根清徹
耳根清徹
金子大栄 名号観音菩薩図
名号観音菩薩図
金子大栄 真心徹到
真心徹到
金子大栄 外を見また内を観る
外を見また内を観る
金子大栄 大悲無倦
大悲無倦
金子大栄 唯佛是真
唯佛是真
金子大栄 佛々想念
佛々想念

画像をクリックしてください