鬼頭道周 Kitou Doushuu

明治7年(1874)〜昭和18年(1943)

明治中京画壇で仏画の第一人者といわれた鬼頭道恭の子。名古屋日出町に生まれる。通称、隆三郎。初め画を父道恭と土佐派の日比野白圭に学び、のち上京し橋本雅邦に師事。東京日本橋箱崎町に住む。第3回内国博覧会から6回連続褒状。仏画、人物画を得意とした。後年、名古屋に帰郷した。日本画家。

鬼頭道周4
韓信の股くぐり図、鍾馗の鬼退治図
双幅

画像をクリックしてください