加藤暁台 Katou Kyoutai

名古屋の人。名、周挙。別号、他朗、買夜、暮雨巷など。始め、伊勢派の武藤巴雀、次いでその子白尼に俳諧を学ぶ。宝暦12年(1762)、名古屋に門戸を構える。安永元年(1772)、 『秋の日』刊行。蕉風復興運動のさきがけをなす。安永4年(1775)、『去来抄』『熱田三歌仙』刊行。江戸中期尾張を代表する俳人。

加藤暁台 春雨や
春雨や
加藤暁台 俳句
俳句

画像をクリックしてください