小杉放庵(未醒) Kosugi Houan(Misei)

明治14年(1881)〜昭和39年(1964)

栃木県日光に生まれる。本名、国太郎。中学校を退学し、高橋由一の弟子であった五百城文哉の内弟子になる。明治32年、上京し小山正太郎の不同舎に入塾。未醒と号して主に太平洋画会展で活躍し、明治35年、同会会員となる。この頃小川芋銭を知る。明治37年、日露戦争に記者として従軍。漫画家や挿絵画家としても頭角をあらわし、明治40年、美術雑誌『方寸』などの編集に参加。明治44年、第5回文展に油彩画「水郷」を出品し最高賞を受賞する。大正3年、再興日本美術院に同人として参加し洋画部を主宰する。大正9年、第7回院展の開催中に足立源一郎、倉田白羊、長谷川昇、森田恒友、山本鼎らと院展を脱会。大正11年、春陽会創立に参加する。昭和12年、帝国芸術院会員となる。この頃から雅号を放庵(のちに放菴)と改め、次第に水墨と淡彩による枯淡で味わい深い独自な画風を築く。

小杉放庵(未醒) 騎牛老子
騎牛老子
小杉放庵(未醒) 詩書
詩書
小杉放庵(未醒) 石上人
石上人

画像をクリックしてください