今村紫紅 Imamura Shikou

明治13年(1880)〜大正5年(1916)

横浜に生まれる。本名、寿三郎。明治30年(1897)17歳、上京し松本楓湖に入門。明治34年(1901)、安田靫彦らと紅児会を結成。明治40年(1907)、五浦の日本美術院研究所に参加。岡倉天心の指導を受ける。明治45年(1912)、第6回文展に「近江八景」を出品し二等賞を受賞。伝統的な東洋画と西洋の印象派の技法が渾然と融合した独自な様式で新境地を開く。大正3年(1914)、単身インドに渡る。同年、再興日本美術院展に代表作となる「熱国之巻」を出品。同年、速水御舟、小茂田青樹、中村岳陵らと赤燿会を結成。新しい日本画の創造に強い意欲を示すが、道半ば35歳で病に倒れる。

今村紫紅 達磨
達磨

画像をクリックしてください