葦津慧隆 Ishin Eryu

享保5年(1720)〜明和6年(1769)

出雲永徳寺に住し、雲叟と号した。特異嶮峻な宗風で知られ、筑後大生寺の鳥道と共に白隠下の二畸哲といわれる。

霊源慧桃、葦津慧隆 臨済禅師図
臨済禅師図

画像をクリックしてください