松村景文 Matsumura Keibun

安永8年(1779)〜 天保14年(1843)

松村呉春(月渓)の末弟。字、子藻。号、華渓。通称、要人又は直二。京都堺町四条北に住む。早くから呉春について学び、四条派は応挙、呉春を経て景文によって様式が確立したといわれる。

松村景文 芙蓉小禽図
芙蓉小禽図

画像をクリックしてください