本阿弥光悦 Honami Kouetsu

永禄1年(1558)〜寛永14年(1637)

刀剣の鑑定、研磨、浄拭を家業とする京都の本阿弥家に生まれる。号、自得斎、徳友斎、太虚庵。画は琳派の創始者の一人であり、書は寛永の三筆とも称される。陶芸、漆芸、出版、茶の湯にも秀で、織田有楽斎、古田織部と親交を持つ。

本阿弥光悦他 張交 風炉先屏風
張交 風炉先屏風

画像をクリックしてください