伊藤明瑞 Itou Meizui

明治22年(1889)〜昭和23年(1948)

和歌山県和歌山市に生まれる。本名、宮本正雄門(まさおと)。明治27年(1894)5歳、王羲之の書法を体得し、王羲之流奥義免許皆伝。翌明治28年(1895)、広島大本営において明治天皇の御前で揮毫。日本明瑞の名を与えられ、土方久元宮内大臣から印を賜る。明治36年(1903)、伊藤博文の書生となる。これ以後「伊藤明瑞」の号を使う。

伊藤明瑞 詩書
詩書

画像をクリックしてください