原三渓(原富太郎) Hara Sankei(Hara Tomitarou)

慶応4年(1868)〜 昭和14年(1939)

美濃国厚見郡佐波村(岐阜市)に豪農青木久衛の長男として生まれる。小学校卒業後、美濃の儒学者野村藤陰に学ぶ。東京専門学校(早稲田大学)卒業。横浜の豪商原善三郎の婿養子となり、生糸、絹織物貿易で巨富を築く。美術品の収集家としても知られ、小林古径、前田青邨らを支援した。横浜本牧に三渓園を築く。益田孝、松永安左エ門とともに近代の三茶人と称される。

原三渓(原富太郎) 海不楊波
海不楊波
原三渓(原富太郎) 若愚
若愚
原三渓(原富太郎) 鵜飼図
鵜飼図
原三渓(原富太郎) 墨梅図
墨梅図

画像をクリックしてください