浦上春琴 Uragami Shunkin

安永8年(1779)〜弘化3年(1846)

備前国(岡山県)に生まれる。浦上玉堂の長子。名、選。字、伯挙。別号、睡庵など。幼年より、父玉堂に画を学ぶ。寛永6年(1794)、父の脱藩に従い各地を遊歴。文化8年(1811)より京都に定住。頼山陽、田能村竹田、岡田米山人、貫名海屋、柏木如亭らと交流する。花鳥画に長じ、在世時は、父浦上玉堂より、高い評価を得る。

浦上春琴 山陽春琴二先生遺墨
山陽春琴二先生遺墨

画像をクリックしてください