森村宜稲 Morimura Yoshine

明治4年(1871)〜昭和13年(1938)

名古屋梅園町に、尾張藩儒、森村*ッの子として生まれる。別号に雲峰、稲香村。初め、木村雲渓に四条派を学び、(奥村石蘭に学んだとの説有り)後、日比野白圭、木村金秋に大和絵を学ぶ。明治24年、京都青年絵画共進会で二等受賞。大正元年に文展初入選。稲香画塾を開き、多くの画家を育てる。弟子に、子の森村稲門(♂i)、服部有恒、林雲鳳らがいる。主に名古屋を中心に活動し、地元の文化振興に尽力する。名古屋の代表的画人。

森村宜稲 蜻蛉流水
蜻蛉流水
森村宜稲 雨後閑庭
雨後閑庭
森村宜稲 つくしに蝶
つくしに蝶
森村宜稲 白椿折枝図 賛大口鯛二
白椿折枝図 賛大口鯛二

画像をクリックしてください