伊藤博文、長三洲
Ito Hirofumi, Cho Sanshu

 伊藤博文、長三洲 1
 伊藤博文、長三洲 2
 伊藤博文、長三洲 3
 伊藤博文、長三洲 4
 伊藤博文、長三洲 5
作家名
伊藤博文、長三洲 いとう ひろふみ、ちょう さんしゅう
作品名
竹と富貴図
作品詳細
掛け軸 絹本淡彩 緞子裂 合箱
本紙寸法41.4×132.5cm
全体寸法62.1×205cm
註釈

【原文】
一種芳姿尤嬝娜
萬紅謝没擅繁華
山妻稍老無嬌態
挑看園中国色花
 長炗堂画牡丹余亦写竹一茎併成観
 時癸巳六月二十一日也春畝一人、博文

【訓読】
一種の芳姿、尤(もっと)も嬝娜(じょうだ)なり
萬の紅謝、繁華を擅(ほしいまま)にする没(な)し。
山妻、稍(やや)老いて、嬌態無し。
挑(いど)み看る、園中、国色の花
 長炗堂、牡丹を画く。余、亦(また)竹一茎を写し、併(あわ)せて観を成す。
 時に癸巳六月二十一日也、春畝一人、博文。

【語釈】
芳姿―美しい姿
嬝―嫋の俗字
嬝娜―じょうだ。嫋娜に同じ。たおやか。しなやかで美しいさま。
紅謝―赤色の花々のことか?
繁華―花が咲き乱れること。
擅―せん。ほしいまま。
山妻―自分の妻の謙称。
嬌態―なまめきこびる色っぽい態度・様子。
国色―一国の中で随一の容色。絶世の美人。牡丹の異称。
癸巳―明治26年(1892)。

【訳文】
牡丹の独特の美しい姿は、もっともたおやかで美しい。
他の色々の花々も、咲き乱れて美しさをほしいままにすることはできない。
我が老妻は、年老いて色気はなくなった。
園中の牡丹の花を、挑みかかるように眺めている。
 長炗堂が牡丹を画いた。私もまた、竹一茎を写し、あわせて景観としたい。
 時に癸巳六月二十一日である。春畝一人、博文。

伊藤博文が竹を描き、さらに絶句を賛し、長三洲がの牡丹と岩を描いたもの。伊藤博文の画は極めて稀少。