独山玄義 Dokuzan Gengi(Hashimoto Dokuzan)

明治2年(1869)〜昭和13年(1938)

新潟県魚沼郡大本六に生まれる。俗世は橋本氏。号、独山。室号、南苑窟、対雲窟、流芳、暮雲、大椿など。天龍寺の我山昌禎を尋ね得度、玄義と号しその法を嗣ぐ。明治43年、相国寺僧堂師家。翌年、相国寺住職、相国寺派管長(第128世)に就任する。昭和2年、鳥取県東伯郡三朝町に南苑寺を開き退隠する。弟子に山崎大耕、梅谷香州、伊藤敬宗。富岡鐵斎に絵を学び書画に秀でた。

独山玄義 高士観月図
高士観月図
独山玄義 無
独山玄義 春塘暮煙
春塘暮煙
独山玄義 一筆竹(蝸牛)
一筆竹(蝸牛)
独山玄義 詩書
詩書
独山玄義 好風能自至
好風能自至
独山玄義 達磨
達磨

画像をクリックしてください