白隠慧鶴 Hakuin Ekaku

貞享2年(1685)〜明和5年(1768)

日本現代の禅は、曹洞禅と臨済禅の二大流に別れる。併し曹洞禅と云うは、その実道元禅で、臨済禅は白隠禅に外ならぬ。道元は鎌倉の人、白隠は徳川中期の人である。道元禅の特色は元より曹洞禅のものではあるが、道元には、「正法眼蔵」と云う大部の書物があって、この書物の研究が日本曹洞禅の特異性を成立させている。日本の臨済禅は宗時代の看話禅と云うものの影響を受け、それが徳川時代になって、白隠によりて頗る組織的なものとなった。これが今日の臨済禅である。 ─(鈴木大拙・『盤珪の不生禅』)─

駿州駿東郡浮島原(現・静岡県沼津市原)の長沢家の第五子三男として生まれる。幼名岩二郎。元禄8年(1695)、母に従い日蓮宗日厳上人の「摩訶止観」の講義を聞き、地獄の恐ろしい様相に戦慄する。元禄12年(1699)、松蔭寺の単嶺祖伝について出家。宝永元年(1704)、美濃瑞雲寺の馬翁に師事。同5年(1708)、越後高田の英巌寺性徹に参じ、一夜暁に達し遠寺の鐘声を聞き豁然として大悟。同年4月、信州飯山の正受老人の鉗鎚を受け、八ヶ月で悟徹嗣法する。享保3年(1718)、妙心寺第一座となり白隠と号す。臨済禅中興の祖、近世最大の禅僧ともいわれ、諸国を遍歴し禅の民衆化に努めた。

白隠慧鶴 三社神号
三社神号
白隠慧鶴 達磨図
達磨図
白隠慧鶴 寿達磨図
寿達磨図
白隠慧鶴 渡唐天神図
渡唐天神図
白隠慧鶴 尺牘
尺牘
白隠慧鶴 柱杖子(布袋留守)
柱杖子(布袋留守)
白隠慧鶴 達磨
達磨
白隠慧鶴 達磨
達磨
白隠慧鶴 達磨
達磨
白隠慧鶴 達磨
達磨
白隠慧鶴 常念観世音菩薩
常念観世音菩薩

画像をクリックしてください