中林竹渓、河野鉄兜
Nakabayashi Chikkei Kouno Tettou

中林竹渓、河野鉄兜 1
中林竹渓、河野鉄兜 2
中林竹渓、河野鉄兜 3
中林竹渓、河野鉄兜 4
中林竹渓、河野鉄兜 5
中林竹渓、河野鉄兜 6中林竹渓、河野鉄兜 7中林竹渓、河野鉄兜 8
作家名
中林竹渓、河野鉄兜 なかばやし ちっけい、こうの てっとう
作品名
野懐古 桜図
作品詳細
掛け軸 紙本淡彩 緞子裂 合箱
作品寸法28.6×123.5p
全体寸法36.1×193p
註釈

芳野懐古については、 こちら » を参照ください。

桜の花びらがひらひらと舞い落ちる。
花びらの他には何も描かれてはいませんが、その空気の揺らめきまでが見事に表現されているようです。本居宣長が《敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花》と詠ったように桜は大和心を象徴し、画面には、河野鉄兜が芳野懐古の詩を賛じています。