西郷隆盛(南洲) Saigou Takamori (Nanshu)

文政10年(1828)〜明治10年(1877)

薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(現在の下加治屋町方限)に、下級藩士の子として生まれる。通称、吉之助。号、南洲。藩主島津斉彬の知遇を得る。第二次長州征伐以後、倒幕運動の指導者となり、薩長同盟に尽力。大総督府参謀として征東軍を指揮して東下、江戸城を無血開城させる。維新後、参議となり、のち、征韓論を唱えたが受け入れられず下野、西南戦争に敗れ、鹿児島城(鶴丸城)背後にある城山に退却、政府軍の狙撃に倒れ、薩摩藩士別府晋介の介錯によって死去。

西郷隆盛(南洲) 月下看梅
月下看梅

画像をクリックしてください